消費者金融と銀行のカードローンについて

消費者金融と銀行のカードローンについて

Category : Uncategorized

消費者金融と銀行のちがいって?

消費者金融とう融資会社と、いわゆる「銀行」とはどう違うのでしょうか?その違いについてカンタンに考察してみたいと思います。最近テレビCMやインターネット広告、町の見かける看板などで、カードローンだったり、個人向け融資を紹介しているものを多く見かけるようになりました。昔からこれらの宣伝は良く目にしましたが、最近の傾向として、都市銀行のカードローンの宣伝が圧倒的に増えてきたように思えます。一番良く目にし、頭の中の印象に残っているのは、俳優の阿部寛さんが出ている、三菱UFJ銀行のカードローンのCMではないでしょうか。顔立ちがはっきりしているし、知名度も高いので、彼が出ているテレビ番組やCMは印象に残りがちですが、それ以上に、三菱UFJ銀行がカードローンのCMをバンバン打っているところがより記憶に残る要因のように思えます。

消費者金融と銀行系のカードローン、その貸出要件や条件を確認すると、どの商品も大差がないように思えます。金利の下限は商品や貸出金額によって若干前後するようですが、一方で、貸出金利の上限はどこも足並みを揃えています。これは、法律で上限金利がさだめられているので、どうしても、その限度ないで最大に高い金利が上限になってしまうのでしょう。

ラジオCMで過払い金請求を求めましょうと、宣伝している法律事務所(弁護士事務所や司法書士事務所など)が多々ありますが、かれらは過去に、消費者金融業者がグレーゾーン(法律で定める上限金利を上回っていた)金利で貸出をし、その対価である金利を受けていたのです。法定金利を上回って徴収した金利分にたいしては、資金を借りたローン利用者は、金利として支払いをする義務がありませんので(それが契約書にさだめられていたとしても)、過払い金が生じており、その部分を返還要求できるというのです。

すこし話がそれましたが、消費者金融のイメージと言えば、この過払い金を請求されている業者であり、銀行のカードローンといえば、最近になって、個人向け融資の旨味を知ってしまい、ここのところ、せっせと顧客の囲い込みを行っている、というふうなイメージです。このイメージは個人的に感じているものですが、おそらく、多くの人が同じように感じていると思われます。

ではなぜ最近になって都市銀行は個人向け融資に力を入れ始めたのでしょうか。例えばアコムは三菱UFJ銀行に吸収合併され、子会社として、別事業を運営しています。グレーゾーン金利問題が紛糾した際に、多くの消費者金融会社がその直前までの好況と打って変わって経営状況が急激に悪化しました。これは、過払い金請求への対応に追われたのと、そもそも上限金利を引き下げなければならなくなり、融資の貸出対象者の審査基準を引き上げざるを得なくなったからだと推測されます。無担保で資金を貸し付ける場合に、そのお金が回収できるかどうかを見極め、一定の確率内に焦げ付きを抑えなければ、事業が破綻してしまいます。金利水準と高ければ、より多くのリスクを取れるわけで、したがって、審査基準がゆるくても、回収の見込みがある顧客層を一定の水準で確保できていれば、事業としては成り立つわけです。しかし、急に金利を引き下げるとなると、貸し出したお金の焦げ付きがどれ位発生するかを改めて精査しなくてはならなくなります。そもそも、変更後に引き下げられる金利より高い金利で貸し出していたわけで、そのような人たちは属性が悪い可能性があり、金利を引き下げることで焦げ付きが想定利益を上回ってしまい、赤字経営にならざるを得なくなった、という流れがあったように思えます。

このような流れで多くの消費者金融会社は資金難に陥り、そこに銀行が資金を提供する形で手を差し伸べ、合併を始めたようです。消費者金融側には膨大なデータの蓄積があり、貸出審査のマニュアルというか、ノウハウが確率されていました。これらのデータをもとに、銀行側はカードローン(銀行側にとってら新規事業)の運営に力を入れ始めたのでしょう。事実関係を全て調べたわけではないので、断言はできませんが、以前の銀行は、住宅ローンや事業者向けのローンに力をいれており、大きい金額の融資を中心に商売をしていた印象です。ところが、バブル後の不景気、銀行再編あとは、おもったより日本全体の景気が回復せず、貸出残高を伸ばすことができないでいました。不景気であれば、消費者金融を中心とした個人向けローンのニーズは高まり、そのに旨味を見つけたのでしょう。もちろん、銀行員はエリート意識が高く、おそらく消費者金融と同業の事業を行うことに抵抗を感じていた、という面もこの事業に乗り出すのに遅れた経緯があるのでしょう。もっと早くにどこかの銀行が個人向けローンを始めていれば、圧倒的なシェアを獲得できていたかもしれません。

今現在はアコム、プロミス、モビット(詳しくは、消費者金融おすすめ比較ランキング@初めての借入、即日融資、WEB完結を参照のこと)が大手と認識されていますが、グレーゾーン金利問題以前は、武富士が圧倒的だったと言われています。悪質な取り立てを行うことで有名(一部マスコミ報道によってネジ曲がった報道がされたようではあるが)でした。その業界の実態を描いたのが高杉良が書いた「欲望産業 小説・巨大消費者金融」でした。この小説ではとある銀行のエリート行員が出世競争に破れ、その復活をに狙って消費者金融業界に転職し、新規事業を推し進めると言うものです。その新規事業を推し進める中で、いろいろとこの業界の汚い部分を目撃しました。それが、取り立てであったり、目標の数値を達成するための無意味な行動だったりしました。

アコムやプロミスなど、現在でも事業が受け継がれている消費者金融を創業した方たちは億万長者になっています。たとえば、アコムの創業者は財団法人を作り奨学金で苦学生を助けたり、美術館を運営したりと社会貢献に力も入れているようです。

公益財団法人 木下記念事業団

事業団は、神戸が発祥の地であるマルイトグループの創業40周年の記念事業として、昭和50(1975)年に、グループの創業者、故木下政雄初代理事長の資産を元に設立されました。
設立の趣意は、創立者の文章の中で読み取って頂ければ幸いですが、少年時代の木下政雄が学業の完遂を心に抱きながら実現しなかった自己の過去を顧みて、学資不足に悩む学生にその学資の一端を援助したいという願いが常に念頭から去らず、マルイトグループが創業40周年を迎えるに際し、記念事業として、私財とマルイト株式会社の利益金の中から基金3億円を拠出し、向学心に燃えながらも学資不足に悩む学生に学資の一部を援助することを目的に、昭和50(1975)年10月31日、財団法人木下記念事業団を設立しました。

抜粋:http://www.k-zaidan.or.jp/aisatsu.html

【体験談】実際にお金を借りた

預金口座に入っているお金がなくなってしまうとキャッシングを利用する事を考えてしまいます。そのため駅前や国道沿いに設置されているアコム、プロミス、モビット、アイフルなどの消費者金融の無人契約機を見かけると思わず入室してキャッシングの申し込みをしてしまいます。申し込みは契約機のガイダンスに従って操作してそれでも分からない事があれば備え付けの電話でオペレーターと話せるので誰でもスムーズに手続きを済ませる事が出来ます。しかも手続きが済んだ後にその場でカードが発行されるのでその後すぐにお金を借りる事が出来ます。

キャッシングは消費者金融の他には銀行のカードローンを利用する事が出来ます。銀行のカードローンは大手の銀行の他に楽天銀行やイオン銀行などネット銀行もあるので選ぶのに迷ってしまう事がありますが、消費者金融より金利が低く設定されているので返済する時の負担が軽減されます。しかし融資を受けるまで数日かかってしまうので今すぐお金を借りたいという人はあまり向いていません。

※上記は個人的な感想であり、融資を受ける際には状況が異なる場合がありえます