【体験談】個人ファイナンス:勉強のための資金調達

【体験談】個人ファイナンス:勉強のための資金調達

Category : Uncategorized

絵描き修行として、画材代をキャッシング会社から借りた話

イタリアの名所を見て回り、絵描きになることを決心した学生です。大学は経済学部ですが、関係ありません。親は頼れないので、自分で生活費を稼いでいます。アルバイトしか収入が無くでも、定期的な収入があれば、消費者金融の審査は通ります。ただし、毎月必ず返済することが条件です。語学を見につけ、イタリア人の考え方を理解したいです。自分の夢を叶えるため、デッサン修行を続けています。

  • 【体験者の情報】
  • 性別:男
  • 職業:大学生
  • 年齢:20歳
  • 借入額:10万円
  • 借入先(業者):ノーローン

見学

イタリアに語学留学した時、ルネサンス時代の芸術家の素晴らしさに、感動しました。特に、ミケランジェロのダビデ像は、男として嫉妬するくらいのイケメンだと思います。彼の甘いマスクには、多くの女性がメロメロになったでしょう。

イタリアには多くの歴史的な財産が残されています。ギリシアもそうですが、古代に隆盛を誇った国々は、みなその威光を現代に残しています。時代が移り変わっても、当時のすばらしさが語り継がれるなんて、すごいですね。

絵描きを志す

帰国後、絵描きになることを決意しました。彫刻家も考えましたが、絵のほうが良いと思いました。絵の世界は、一見表面的ですが、芸術の専門家が見れば、深い味わいを体験できます。それが、絵の魅力です。

絵描きの世界は、修練が必要だそうです。名匠はみな10歳未満農地から頭角を現し、以後ずっと絵を描いています。日本人として、必要な環境や状況に恵まれてはいませんが、それでも出来る限りの努力はしたいと思います。本気を出せば、出来ないことはないと思います。

画材を持っていない

家には画材がなく、絵筆や絵の具も持っていませんでした。スケッチブックは有りましたので、鉛筆でデッサンの練習をはじめました。でも、色付きの絵を描きたいと思い、キャッシングでお金を借りて、画材を購入することを決めました。

画材がないと何も出来ないような気もしますが、実はそんなことはありません。鉛筆があれば、砂の上に文字を書けますし、指一本で絵をイメージして、空をキャンパスに見立てて絵を描くことも可能です。想像力は無限大なのです。

レンタルマニー

借りたお金は、アルバイトで返すことにしました。引っ越し業者で短期間のアルバイトをして、5万円を返済しました。残りは別のバイトで返します。絵描きは皆生前貧乏で、死去数十年経ってから価値が高まるケースが多々あります。人のため、作品作りに励みたいと思っております。

私が借りたノーローンは、大手消費者金融です。即日融資も可能ですし、インターネットからの申し込みもできます。もちろん無人契約機も使えます。カードローンなら、ここが良いでしょう。個人的には、ノーローンのロゴがナイスだと思いました。

後は語学力

イタリアで働くなら、語学が必須です。英語やイタリア語も勉強中です。語学を知れば、世界が広がります。大学の授業を通じ、そのことを実感しました。語学の勉強は大変ですが、目標が有りますので、苦労せず続けられます。

語学は身に付けるまでが大変です。身につけた後は、その語学力を使って、外国人とコミュニケーションを取り、独自の間合いや訓練法を身に着けましょう。そうすれば、語学習得が楽しくなり、いつの間にか多言語を話せるようになります。様々な人の考え方を身につけることで、より楽しい人生が過ごせるでしょう。

絵描きとして、イタリア人の考え方をもっとよく知りたいです。成果が出るまで頑張ります。