消費者金融と銀行のカードローンについて

Category : Uncategorized

消費者金融と銀行のちがいって?

消費者金融とう融資会社と、いわゆる「銀行」とはどう違うのでしょうか?その違いについてカンタンに考察してみたいと思います。最近テレビCMやインターネット広告、町の見かける看板などで、カードローンだったり、個人向け融資を紹介しているものを多く見かけるようになりました。昔からこれらの宣伝は良く目にしましたが、最近の傾向として、都市銀行のカードローンの宣伝が圧倒的に増えてきたように思えます。一番良く目にし、頭の中の印象に残っているのは、俳優の阿部寛さんが出ている、三菱UFJ銀行のカードローンのCMではないでしょうか。顔立ちがはっきりしているし、知名度も高いので、彼が出ているテレビ番組やCMは印象に残りがちですが、それ以上に、三菱UFJ銀行がカードローンのCMをバンバン打っているところがより記憶に残る要因のように思えます。

消費者金融と銀行系のカードローン、その貸出要件や条件を確認すると、どの商品も大差がないように思えます。金利の下限は商品や貸出金額によって若干前後するようですが、一方で、貸出金利の上限はどこも足並みを揃えています。これは、法律で上限金利がさだめられているので、どうしても、その限度ないで最大に高い金利が上限になってしまうのでしょう。

ラジオCMで過払い金請求を求めましょうと、宣伝している法律事務所(弁護士事務所や司法書士事務所など)が多々ありますが、かれらは過去に、消費者金融業者がグレーゾーン(法律で定める上限金利を上回っていた)金利で貸出をし、その対価である金利を受けていたのです。法定金利を上回って徴収した金利分にたいしては、資金を借りたローン利用者は、金利として支払いをする義務がありませんので(それが契約書にさだめられていたとしても)、過払い金が生じており、その部分を返還要求できるというのです。

すこし話がそれましたが、消費者金融のイメージと言えば、この過払い金を請求されている業者であり、銀行のカードローンといえば、最近になって、個人向け融資の旨味を知ってしまい、ここのところ、せっせと顧客の囲い込みを行っている、というふうなイメージです。このイメージは個人的に感じているものですが、おそらく、多くの人が同じように感じていると思われます。

ではなぜ最近になって都市銀行は個人向け融資に力を入れ始めたのでしょうか。例えばアコムは三菱UFJ銀行に吸収合併され、子会社として、別事業を運営しています。グレーゾーン金利問題が紛糾した際に、多くの消費者金融会社がその直前までの好況と打って変わって経営状況が急激に悪化しました。これは、過払い金請求への対応に追われたのと、そもそも上限金利を引き下げなければならなくなり、融資の貸出対象者の審査基準を引き上げざるを得なくなったからだと推測されます。無担保で資金を貸し付ける場合に、そのお金が回収できるかどうかを見極め、一定の確率内に焦げ付きを抑えなければ、事業が破綻してしまいます。金利水準と高ければ、より多くのリスクを取れるわけで、したがって、審査基準がゆるくても、回収の見込みがある顧客層を一定の水準で確保できていれば、事業としては成り立つわけです。しかし、急に金利を引き下げるとなると、貸し出したお金の焦げ付きがどれ位発生するかを改めて精査しなくてはならなくなります。そもそも、変更後に引き下げられる金利より高い金利で貸し出していたわけで、そのような人たちは属性が悪い可能性があり、金利を引き下げることで焦げ付きが想定利益を上回ってしまい、赤字経営にならざるを得なくなった、という流れがあったように思えます。

このような流れで多くの消費者金融会社は資金難に陥り、そこに銀行が資金を提供する形で手を差し伸べ、合併を始めたようです。消費者金融側には膨大なデータの蓄積があり、貸出審査のマニュアルというか、ノウハウが確率されていました。これらのデータをもとに、銀行側はカードローン(銀行側にとってら新規事業)の運営に力を入れ始めたのでしょう。事実関係を全て調べたわけではないので、断言はできませんが、以前の銀行は、住宅ローンや事業者向けのローンに力をいれており、大きい金額の融資を中心に商売をしていた印象です。ところが、バブル後の不景気、銀行再編あとは、おもったより日本全体の景気が回復せず、貸出残高を伸ばすことができないでいました。不景気であれば、消費者金融を中心とした個人向けローンのニーズは高まり、そのに旨味を見つけたのでしょう。もちろん、銀行員はエリート意識が高く、おそらく消費者金融と同業の事業を行うことに抵抗を感じていた、という面もこの事業に乗り出すのに遅れた経緯があるのでしょう。もっと早くにどこかの銀行が個人向けローンを始めていれば、圧倒的なシェアを獲得できていたかもしれません。

今現在はアコム、プロミス、モビット(詳しくは、消費者金融おすすめ比較ランキング@初めての借入、即日融資、WEB完結を参照のこと)が大手と認識されていますが、グレーゾーン金利問題以前は、武富士が圧倒的だったと言われています。悪質な取り立てを行うことで有名(一部マスコミ報道によってネジ曲がった報道がされたようではあるが)でした。その業界の実態を描いたのが高杉良が書いた「欲望産業 小説・巨大消費者金融」でした。この小説ではとある銀行のエリート行員が出世競争に破れ、その復活をに狙って消費者金融業界に転職し、新規事業を推し進めると言うものです。その新規事業を推し進める中で、いろいろとこの業界の汚い部分を目撃しました。それが、取り立てであったり、目標の数値を達成するための無意味な行動だったりしました。

アコムやプロミスなど、現在でも事業が受け継がれている消費者金融を創業した方たちは億万長者になっています。たとえば、アコムの創業者は財団法人を作り奨学金で苦学生を助けたり、美術館を運営したりと社会貢献に力も入れているようです。

公益財団法人 木下記念事業団

事業団は、神戸が発祥の地であるマルイトグループの創業40周年の記念事業として、昭和50(1975)年に、グループの創業者、故木下政雄初代理事長の資産を元に設立されました。
設立の趣意は、創立者の文章の中で読み取って頂ければ幸いですが、少年時代の木下政雄が学業の完遂を心に抱きながら実現しなかった自己の過去を顧みて、学資不足に悩む学生にその学資の一端を援助したいという願いが常に念頭から去らず、マルイトグループが創業40周年を迎えるに際し、記念事業として、私財とマルイト株式会社の利益金の中から基金3億円を拠出し、向学心に燃えながらも学資不足に悩む学生に学資の一部を援助することを目的に、昭和50(1975)年10月31日、財団法人木下記念事業団を設立しました。

抜粋:http://www.k-zaidan.or.jp/aisatsu.html

【体験談】実際にお金を借りた

預金口座に入っているお金がなくなってしまうとキャッシングを利用する事を考えてしまいます。そのため駅前や国道沿いに設置されているアコム、プロミス、モビット、アイフルなどの消費者金融の無人契約機を見かけると思わず入室してキャッシングの申し込みをしてしまいます。申し込みは契約機のガイダンスに従って操作してそれでも分からない事があれば備え付けの電話でオペレーターと話せるので誰でもスムーズに手続きを済ませる事が出来ます。しかも手続きが済んだ後にその場でカードが発行されるのでその後すぐにお金を借りる事が出来ます。

キャッシングは消費者金融の他には銀行のカードローンを利用する事が出来ます。銀行のカードローンは大手の銀行の他に楽天銀行やイオン銀行などネット銀行もあるので選ぶのに迷ってしまう事がありますが、消費者金融より金利が低く設定されているので返済する時の負担が軽減されます。しかし融資を受けるまで数日かかってしまうので今すぐお金を借りたいという人はあまり向いていません。

※上記は個人的な感想であり、融資を受ける際には状況が異なる場合がありえます

 


【解説】ノーローンの活用方法

Category : Uncategorized

しばしばおまとめで活用される

人によっては、金融会社にて数年分借りている事があります。それでマネー情報を勉強する事もあるでしょう。そういう時に、ノーローンが検討される事がしばしばあります。その会社に対するコールセンターに、相談が持ちかけられる事もあるのです。なぜなら、おまとめ目的に関するメリットがあるからです。そもそも人によっては、手数料がかなり高めな会社で、悩んでしまっている場合があります。賃金業者などでは、確かに手数料も高めと言えるでしょう。

ところが上記で触れたノーローンなどは、無料システムがあります。1週間以内に返すという制約はありますが、それさえ守っていれば、手数料が無料になる訳です。したがって使い方次第では、非常に便利な商品と言えます。何もノーローンだけではありません。賃金業者が提供する商品によっては、このように使い方次第で便利になる物が幾つかあります。ちょっと手数料が高すぎて、まとめてみたい時には、賃金業者も検討してみると良いでしょう。

 

次の給料日までのつなぎの生活費

給料日前の生活費が足りない場合は、ノーローン(消費者金融の一種)のキャッシングの利用が最適です。次回の給与支給日まである程度の日数があり、ブタの貯金箱をひっくり返しても雀の涙ほどの小銭しか生活費が残ってない場合は、キャッシングでピンチを救うのが一番の早道と言えます。

給与日までのつなぎ資金として現金を借入したい場合は、なるべく利息負担のストレスが掛からないカードローン会社を選んで契約するのがお勧めです。現在無利子で初回キャッシングできるのはプロミスとアコムだけですが、新生銀行グループのノーローンは1回完済した翌月以降も再び金利ゼロ円で借入が可能な独自システムを取り入れています。

しかもノーローンは1回毎取引するごとに提携企業である楽天市場のスーパーポイントも同時に還元されるようになってるので、ネットショッピングで頻繁に服飾雑貨や生活用品をゲットしてる人なら契約して損がありません。ちなみにノーローンは学生キャッシングにも協力的であり、月々支払う最低返済金額も1万円以下から設定する事もできるので、利息を上手く節約しながら借金生活をしたい人は要マークのキャッシング会社です。

 

 

キャッシングは主婦でも融資可能

レディース専用窓口のある業者を上手く使って円滑な申し込みをしよう “キャッシングは、エステやショッピングに使うお金を即日でATMから引き出せたり、明日支払う新聞購読料金もネット上で直ぐに借りれる特長もあるので、主婦にも大変便利なツールと言っても過言ではありません。主婦でも借りれるキャッシングは、毎月パートやアルバイトで収入を稼いでさえすれば、最高30万円まで融資可能としてくれる金融機関は少なくありません。

最近普及し始めてる女性専用の申込窓口のあるプロミスやレイクなどを利用すれば、同性のオペレーターが物腰柔らかい口調で丁寧な対応をしてくれるので、主婦がキャッシングの際に生じる心配事や不安も払拭してくれるでしょう。ちなみにキャッシングしたお金を返済する時は、借りていた期間のサービス手数料とも言える利息も一緒に上乗せして支払う必要があります。

1か月以内に返済すれば利息は3000円程度で済みますが、借りる期間が長引けば長引くほど額が大きくなってくるので、負担にならないようにするためにもノーローンやプロミスなど無利息サービスが顧客特典として付いてる所を出来る限り利用するのをお勧めします。

 

 


【体験談】個人ファイナンス:勉強のための資金調達

Category : Uncategorized

絵描き修行として、画材代をキャッシング会社から借りた話

イタリアの名所を見て回り、絵描きになることを決心した学生です。大学は経済学部ですが、関係ありません。親は頼れないので、自分で生活費を稼いでいます。アルバイトしか収入が無くでも、定期的な収入があれば、消費者金融の審査は通ります。ただし、毎月必ず返済することが条件です。語学を見につけ、イタリア人の考え方を理解したいです。自分の夢を叶えるため、デッサン修行を続けています。

  • 【体験者の情報】
  • 性別:男
  • 職業:大学生
  • 年齢:20歳
  • 借入額:10万円
  • 借入先(業者):ノーローン

見学

イタリアに語学留学した時、ルネサンス時代の芸術家の素晴らしさに、感動しました。特に、ミケランジェロのダビデ像は、男として嫉妬するくらいのイケメンだと思います。彼の甘いマスクには、多くの女性がメロメロになったでしょう。

イタリアには多くの歴史的な財産が残されています。ギリシアもそうですが、古代に隆盛を誇った国々は、みなその威光を現代に残しています。時代が移り変わっても、当時のすばらしさが語り継がれるなんて、すごいですね。

絵描きを志す

帰国後、絵描きになることを決意しました。彫刻家も考えましたが、絵のほうが良いと思いました。絵の世界は、一見表面的ですが、芸術の専門家が見れば、深い味わいを体験できます。それが、絵の魅力です。

絵描きの世界は、修練が必要だそうです。名匠はみな10歳未満農地から頭角を現し、以後ずっと絵を描いています。日本人として、必要な環境や状況に恵まれてはいませんが、それでも出来る限りの努力はしたいと思います。本気を出せば、出来ないことはないと思います。

画材を持っていない

家には画材がなく、絵筆や絵の具も持っていませんでした。スケッチブックは有りましたので、鉛筆でデッサンの練習をはじめました。でも、色付きの絵を描きたいと思い、キャッシングでお金を借りて、画材を購入することを決めました。

画材がないと何も出来ないような気もしますが、実はそんなことはありません。鉛筆があれば、砂の上に文字を書けますし、指一本で絵をイメージして、空をキャンパスに見立てて絵を描くことも可能です。想像力は無限大なのです。

レンタルマニー

借りたお金は、アルバイトで返すことにしました。引っ越し業者で短期間のアルバイトをして、5万円を返済しました。残りは別のバイトで返します。絵描きは皆生前貧乏で、死去数十年経ってから価値が高まるケースが多々あります。人のため、作品作りに励みたいと思っております。

私が借りたノーローンは、大手消費者金融です。即日融資も可能ですし、インターネットからの申し込みもできます。もちろん無人契約機も使えます。カードローンなら、ここが良いでしょう。個人的には、ノーローンのロゴがナイスだと思いました。

後は語学力

イタリアで働くなら、語学が必須です。英語やイタリア語も勉強中です。語学を知れば、世界が広がります。大学の授業を通じ、そのことを実感しました。語学の勉強は大変ですが、目標が有りますので、苦労せず続けられます。

語学は身に付けるまでが大変です。身につけた後は、その語学力を使って、外国人とコミュニケーションを取り、独自の間合いや訓練法を身に着けましょう。そうすれば、語学習得が楽しくなり、いつの間にか多言語を話せるようになります。様々な人の考え方を身につけることで、より楽しい人生が過ごせるでしょう。

絵描きとして、イタリア人の考え方をもっとよく知りたいです。成果が出るまで頑張ります。


【体験談】個人ファイナンス:経営のための個人向け融資

Category : Uncategorized

ダンスホールの経営がうまく行かず、カードローンでその場しのぎ

私は、駅前のダンスホールのオーナーです。学生時代はダンスをたしなみ、ジャズダンスなど、様々な分野に手を出しました。体力の衰えなどもあり、今はダンスホールにて教室を開き、生徒指導にあたっています。生徒数の減少でホールの維持が難しくなり、生活費を工面して、施設維持費を行っています。ところが、生活費が足りなくなり、カードローンを利用しました。インターネットを使った集客も検討していますが、そろそろ潮時かもしれません。

  • 【体験者の情報】
  • 性別:男
  • 職業:ダンサー
  • 年齢:46歳
  • 借入額:20万円
  • 借入先(業者):ノーローン

ダンスホール経営

私は、駅前のダンスホールを経営しています。ダンスの腕は、多くの方に認められていました。自分のダンスを見てくれる人もたくさんおられました。ダンスの世界は、とても楽しいです。踊っていると、日常を忘れられます。

ダンスホールを経営していると、色々なお客さんが来られます。運動神経に自信がない方から、大会出場前の調整に訪れる方もおられます。多くの方の指導や相談を受けていると、自分の弱点やフォームの乱れに気がつけます。

三人寄れば文殊の知恵と言いますが、ダンスに対する考え方も人それぞれです。異なる価値観を持ちあわせて、新たな動きを創造することも、ダンスの楽しみでしょう。

ブームが去る

バブル期のブームなどで、一時期潤ったこともあります。でも、バブルが崩壊し、お客さんも減り、生徒さんも減ってしまいました。「これが現実なのだ」と理解するまで、しばらく落ち込んでいました。ダンスホールを作った時は、バブル最盛期でした。それから時間が経ち、地価は下がり、ホールの資産価値も劣化してしまいました。

閉鎖も考える

借金を抱えたまま撤退する事は難儀でしたが、駅前の再開発の話もあり、閉鎖して売却する案も検討しました。私も年ですし、全盛期のダンスの再現は難しいです。私が憧れているマイケル・ジャクソンは、本当にすごいダンサーだと思います。彼のダンスのキレは、彼にしか出来ないでしょう。

生活費をキャッシングで工面

今月の生活費は、7日以内なら利息がかからない消費者金融「ノーローン」で借りました。このローンは友人の紹介で利用しました。彼は短期的にお金が入る商売をしており、月初めにこのローンからお金を借り、商品を仕入れているそうです。彼の商売が羨ましいと思いましたが、私はダンサーです。商いは専門家に任せます。

ネットを活用して集客

ネットブームと聞き、ホームページを開設しました。いつの時代も、何かがブームになり、大きな影響を世間に与えます。個人的には、そろそろ潮時な気もしますし、引退も考えています。

ダンスを始めてみたい方は、事前に柔軟体操などを行い、体を柔らかくしましょう。頭も体も柔軟性を保った方が、良い結果が出せると思います。